1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

(第2類医薬品)太田胃散A 錠剤 300錠 第2類医薬品,太田胃散A,錠剤,300錠 (第2類医薬品)太田胃散A 錠剤 300錠 第2類医薬品,太田胃散A,錠剤,300錠 錠剤 太田胃散A 300錠 第2類医薬品 錠剤 太田胃散A 300錠 第2類医薬品

(第2類医薬品)太田胃散A 錠剤 300錠

(第2類医薬品)太田胃散A 錠剤 300錠
(第2類医薬品)太田胃散A 錠剤 300錠
005Ivn9n
1991円-30%-1393円

胃もたれ、食べすぎなどの症状に錠剤タイプの胃腸薬

●脂っこい食事に適した胃腸薬
4つの消化剤が、脂肪・たん白質・炭水化物を効率良く分解することで、肉類などの脂っこい食事で起こる「胃もたれ」「胸やけ」などの症状を改善させます。

●飲みやすい錠剤
小粒で飲みやすい錠剤です。また、素早く溶けて胃に広がるので、スッキリとした服用感をもたらします。

●持ち運びに便利な分包タイプ
45錠入りは1回服用分(3錠)ずつに分かれたスリムな分包タイプです。 バッグやポーチに入れておけば、ついつい美味しい食事を食べすぎてしまったときにも安心です。

※商品リニューアル等によりパッケージ及び容量は変更となる場合があります。ご了承ください。医薬品販売について ※必ずお読み下さい。【効能・効果】胃もたれ、食べすぎ、胃痛、胸やけ、食欲不振、消化不良、消化促進、飲みすぎ、胃酸過多、胸つかえ、胃部不快感、胃部・腹部膨満感、胃弱、胃重、嘔吐、げっぷ、はきけ(胃のむかつき、二日酔・悪酔のむかつき、嘔気、悪心)【用法・用量】次の量を食後又は食間(就寝前を含む)に服用してください。ただし、食欲不振の場合は食前に服用してください。かんで服用してもさしつかえありません。成人(15歳以上)・・・1回3錠、1日3回8〜14歳・・・1回2錠、1日3回5〜7歳・・・1回1錠、1日3回5歳未満・・・服用しないこと※食間とは食後2〜3時間のことをいいます。【成分:1日量(9錠)中】リパーゼAP6・・・60mgプロザイム6・・・30mgビオヂアスターゼ1000・・・60mgウルソデオキシコール酸・・・12.6mg炭酸水素ナトリウム・・・1530mg合成ヒドロタルサイト・・・900mg沈降炭酸カルシウム・・・270mgケイヒ油・・・10.40mgレモン油・・・4.46mgウイキョウ油・・・1.65mg添加物:L-メントール、乳糖、黄色4号(タートラジン)、アラビアゴム、ステアリン酸Mg、炭酸Mg、カルメロースCa、セルロース、天然ビタミンE【使用上の注意】■してはいけないこと(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用が起こりやすくなります)1.透析療法を受けている人は服用しないでください2.長期連用しないでください■相談すること1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください(1)医師の治療を受けている人。(2)本人又は家族がアレルギー体質の人。(3)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人。(4)腎臓病の診断を受けた人。2.次の場合は,直ちに服用を中止し,この説明書を持って医師又は薬剤師に相談してください(1)服用後,皮ふに発疹・発赤,かゆみの症状があらわれた場合。(2)2週間位服用しても症状がよくならない場合。【保管及び取り扱い上の注意】(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。(2)小児の手の届かない所に保管してください。(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)(4)使用期限(外箱に記載)を過ぎたものは服用しないでください。【お問い合わせ先】株式会社 太田胃散〒112-0011 東京都文京区千石2丁目3番2号TEL:03-3944-1311<受付時間 >受付時間9:30〜17:00(土、日、祝日等を除く)・広告文責:吉通貿易株式会社 TEL:048-971-7553・リスク分類:第二類医薬品・内容量:300錠

arrowインプラント・口腔外科のダブルライセンスを取得

インプラント治療口腔外科

arrow山辺歯科が選ばれる5つの理由

arrowこのようなお悩みをお持ちの方も来院されています

こんなにキレイに・健康的になるんです

院長ごあいさつ

院長あいさつ

はじめまして。山辺歯科院長の山辺滋です。
この度は、当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

私は口腔外科のスペシャリストとして、虫歯や歯周病などの治療はもとより、患者さんのお口の中全体の健康維持・促進のお手伝いをさせていただいております。

よく「この歯だけ、詰めてくれ」とか「虫歯を治療しても歯石は取らなくていい」という患者さまがいらっしゃいます。しかし、口腔は生きていくためのひとつの臓器です。虫歯とかの小さな概念ではなく、その人の体の中の一つであり、口腔内全体を包括的に診察し、治療するのが本来の歯科医療なのです。

私が治療するにあたって、「虫歯は治療したが、ガンは見逃した」というような事態は決して起こさないという覚悟をもって、治療には臨んでおります。

院長ごあいさつの続きはこちら

更新情報

2014.01.12
サイトをリニューアルオープンしました。
2020.04.07
新型コロナウイルスの感染防止により一層注意を払って対応いたします。

カウンセリング

PAGE TOP